占いの結果を行動に繋げるためのコツと損をしない鑑定を受けるためのポイントを紹介

>

占いで悪い結果も出るが上手に活かせると却って良い結果となる?

悪い結果を上手に活かすためのコツ

占いの鑑定を受けて、悪い結果を伝えられると落ち込んでしまうでしょう。例えば、自分の悩みを伝えてタロット占いをしてもらい、死神や塔のような結果が出ました。それにより、行動に移さないとか控える場合があるかもしれません。余程重篤な問題であれば、その通りにするのは1つの方法です。

しかし、殆どの占い師であれば悪い結果は伝えても、生活を送るうえでのアドバイスをしてもらえます。上手に活用できれば、プラスに好転する可能性が高まります。

一方、確証バイアスが掛かり、自分の都合の良い結果だけを受け入れたり捻じ曲げて理解をする人は少なからずいます。それにより、更に悪い結果を招くようになりかねません。優しい人なら指摘をしてくれますが、時には頼れる知人や友人に占いの結果を受けて相談をするのも1つの方法です。上手に活用して、悪い結果もプラスに捉えるようにしましょう。

なかなか気持ちの整理ができない人へ

占いで悪い結果が出ると、否定的な感情に陥ってしまう人はいるでしょう。なかなか気持ちの整理をつけるのが難しく、立ち止まった状態になるかもしれません。

あくまでも占いは、結果を伝えるものではなく行動に移す切っ掛けを提供する1つの方法に過ぎません。悪い結果でも占い師のアドバイス通りに受け入れることで、長い目で見れば事態が好転する可能性は出ます。

人は行動することで、良くも悪くもその後の生活や心理状態を変えられます。占い師に鑑定を受けたのも、1つの行動を起こした結果となります。その気持ちを受け入れて生活をすれば、今よりも良い生活を送れるのが期待できます。時間は掛かるかもしれませんが、悪い結果を出されても気持ちの整理を行い、できる所から始めてみましょう。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る