占いの結果を行動に繋げるためのコツと損をしない鑑定を受けるためのポイントを紹介

>

人生の大事な時に人はなぜ占いをするのだろうか?

良い結果が出ると行動に移しやすい?

占いによる鑑定を受けて良い結果が出た時は、行動に移しやすいかもしれません。例えば、恋愛で好きな人に告白をしたい時に、占い師のアドバイス通りにすれば成功できると言われたらその通りにすることも1つです。

人は、自分にとり良い結果を提示してくれると、潜在意識の中に植え付けられやすくなります。それにより、自信が持てるようになり、良い結果を導ける可能性が高まります。

心理学用語にバーナム効果があり、誰にでも該当することを言われた時に自分も当てはまると捉える現象があります。特に占い師から肯定的なことを言われた時は、それを信じる可能性は高まり、自己肯定感が低い人は非常に高くなるのが伺えます。しかし、占い師によっては心理状態を利用して足元を見たようなアドバイスをする人がいるので、注意が必要です。

結果が出なかった時に読むとおすすめの内容

占い師のアドバイス通りに行動をしても、思うような結果にならなかったケースは少なくありません。人によっては、クレームを訴えるなどの行動に移すケースもあるようです。

占いは、タロットや四柱推命をはじめ占い師が様々な鑑定方法を用いて、自分に合ったアドバイスはしてくれます。しかし、その通りにすれば良い結果が出るとは限りません。

例えば、恋愛において意中の人に告白をしたが、占い師のアドバイス通りにしたが振られたとします。未だ可能性があると信じる状態は、意中の人への執着心が非常に強い状態かもしれません。自己肯定感の低い人や承認欲求が強い人は、特に陥りやすいようです。占い師に不満を言いたくなった時は、告白ができたことを受け入れつつ気持ちの整理を行い、日々自分磨きをするのをおすすめします。占いが切っ掛けで思考をプラス化できれば、生活は良い循環になるでしょう。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る