占い結果を行動のきっかけに結び付ける方法

占いの結果を行動に繋げるためのコツと損をしない鑑定を受けるためのポイントを紹介

人生の大事な時に人はなぜ占いをするのだろうか?

占いで良い結果が出た時は、行動に移しやすい心理状態にあるはずです。バーナム効果を得ているため、何事も成功できる可能性が高く自ずと自信を抱いて行動ができるでしょう。しかし、失敗となる可能性も想定されます。あくまでも占いは行動に移す切っ掛けになっても、成功の保証ができるわけではありません。

占いで良い結果になった時に行動に移すなら

恋愛や転職をはじめ、人生においてターニングポイントになる時はあります。人に頼らないで決断をする人はいますが、占いに頼る人は少なくありません。占いに頼る理由として、自己肯定感が低い心理状態なことが理由にあります。自分で各種責任を背負うのが難しいと感じる時に、占いの結果を踏まえて決断を行う人もいるようです。

また、占いを通じて人に頼ることで心理的な負担軽減を図ったり、物事を決める際の背中を押してもらいたいと考える人はいます。例えば、恋愛で好きな人に告白したいが、断られるのに不安を抱いて告白をできない人がいます。その場合、占いでサポートを受けて、告白に繋げることで解決を図ります。他にも、鑑定結果の良し悪しよりも占い師に悩みを話すことで、心理面の負担軽減をする人もいます。

占いで良い結果が出た時に、心理学用語のバーナム効果を得ていると、自信を持って行動に移せる状態です。一方、鑑定結果が悪くても、占い師のアドバイスに従い改善を目指せる場合があります。これを心理学用語で確証バイアスと言い、自分に都合の良い情報を受け入れたうえで物事をプラス思考に捉えることができる状態です。

占い師のアドバイスにより行動に移せても、思うような結果にならない可能性があります。占いが切っ掛けで行動に移せたのは良いことなので、それを活かして自分磨きをしましょう。しかし、人生のあらゆる場面で占いに頼りすぎるのは良くありません。将来的には、人生のターニングポイントでの決断は自分でできるようにしてください。

占いで悪い結果も出るが上手に活かせると却って良い結果となる?

占いの鑑定を受けて、悪い結果になる場合も想定されます。しかし、殆どの占い師は良い行動に移すためのアドバイスをしてくれます。それを上手に活用できれば、生活場面で良い循環を得やすくなります。しかし、気持ちの整理ができない時は起こり得るので、改善に繋げるポイントを紹介します。

占い師の鑑定を受けるのも大事だが損をしないコツも知ろう!

人生のターニングポイントにおいて占いの鑑定を受けるのも1つの方法ですが、占い師に話をするだけで不安解消を図る人はいるようです。なかなか相談しにくい内容を第三者的な人に悩みを話すだけでも、心の負担は軽くなるのが期待できます。ただし、のめり込み過ぎると却ってマイナスになりかねません。

▲ TOPへ戻る